FC2ブログ
2018
10.21

百間町(くびき野レールパーク)訪問 (また先週末のこと)

Category: 軽便
10月14日(日)は百間町の「くびき野レールパーク」を訪問してきました。
前日の車両センター見学の条件として「えちごツーデーパス」を購入する必要があり、使わないのももったいないので、これで百間町に行くことにしました。
往路は十日町(ほくほく線)経由で。復路は信越本線で素直に。

久し振りの鈍行列車移動でしたので、ついつい車窓の風景に見とれてロケハンみたいなことをしていました。飯山線もいいですねー、そのうちに通して乗ろう。(中2の時を思い出しながら、、、)
飯山線

車両たちが里帰りした後、まだレールパークなんてネーミングされる前に、しばらくお手伝いをしていた時期もあったのですが、持病の腰痛がひどくなったり、なかなか時間が取れなくなったりで、いつの間にか消えるように遠ざかってしまいました。
それでもその後1、2度お客さんとして訪れてはいましたが、何となく申し訳ない感もあり、ちょっと遠ざかってしまっていました。
今回は、当初からずっと活動をされていらっしゃる方からのお誘いもあり、数年振りの百間町訪問となりました。
また一段と整備が進んでいましたね。これは地元の皆様や、日頃のメンテナンスやイベント時の運営等に携わっている皆様方のご尽力の賜物だと思います。
里帰り
ホジDC並び
コッペル
DC92牽引
貨車ホジ
ニフ

ハ6とホジ3(エンジンカバーに腰掛け)に乗せて頂きました。イイデスネー!!。

さて、会場に着いた時にテントの一角で何やら怪しげな一団が、、、。
模型を囲んで談笑中で、中には先日の軽便祭でお見かけした方々も。
皆さん大先輩ばかりで、そっと隅からお話を聞かせていただいていました^^);。
お話の中心(模型の主)になっていらっしゃった方を存じ上げていなかったのですが、後で他の方からお聞きしたところ、随分前から気になっていたあの驚愕のコッペルの作者の方と言うことが分かって、ちょっと感激。(アイドルファンか!?)

単なる実物大ではなく”本物”を維持・管理していくことは並大抵のことではないと思います。
模型の気楽さとは大違いです。
順調な運営で、ずっとずっと”お宝”として残っていくことを願っております。

<おまけ>
雪月花


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2018
10.18

半月ほど前のこと

Category: 軽便
①軽便祭
先月9月末には、基本毎年出展者側(軽便モジュール倶楽部)として参加している「軽便祭」に行ってきました。
台風24号が近づく中、どうなることかと思いましたが、会場は熱気にあふれ盛況となっていました。
今回は新たに出展されたグループや斬新な取組みをされた展示もあり刺激的だった筈なのですが、私はあまり自グループの区画から離れずじまいで、勿体ないことをしてしまいました。
新たな取組やお客さんへの見せ方(魅せ方)が、きっと参考になった筈ですね。
そもそも参加されている皆さんとの親交を深められていないのが一番勿体ない話です。
CIMG1829s.jpg
CIMG1850s.jpg


②行けなかったふたつの写真展
軽便祭に前後して、ふたつの写真展がありました。
一つ目は、諸河久さんの「軽便風土記」
二つ目は、風間克美さんの「地方私鉄 1960年代の回想」です。
地方在住故に、そうそう頻繁に上京する事も儘ならず、残念ながら拝見出来ませんでした。
IMG_2650s.jpg

「軽便風土記」は、通販で図録を入手しました。
風間さんの写真展は、先に出版された写真集(上下)を入手しています。以前原宿で個展を開かれた際に運良く出張帰りに寄らせて頂くことがありました。(そういえば、その週末に倶楽部のメンバーで沼尻を探訪して、そこから沼尻の地元の方々とのお付き合いが始まったんだなー。)
また、今年の4〜6月に藤枝市郷土博物館で開催された企画展に展示された写真も拝見しています。

ですが、やっぱり、今回のどちらの写真展も大きなパネルで拝見したかったです。

Comment:0  Trackback:0
2013
10.09

第9回軽便祭に参加して来ました

Category: 軽便
遅ればせながら、この週末に参加して来ました「第9回軽便祭」のお話です。

いつの間にかの9回目ということで、1回目からKBMC(軽便モジュール倶楽部)でエントリーさせてもらっているのですが、毎回力が入っている様な割には、直前の追い込みに追われて、結局のところ不完全燃焼ばかりが続いている感じです。

今回のKBMCのテーマとしては、「下電モジュールとK-Trackの融合」ということで、各自が所有するモジュールとK-Trackで自宅でも気軽に楽しめます、という提案です。
毎年会場は変わらず、規模(展示者)は拡大傾向の中で展示スペースは縮小気味であります。

全体の俯瞰はこんな感じです。
KBMC全体

拙作のモジュールは、昨年全くの未完成状態で展示してしまいましたが、強引に完成したことにしてしまって今回も同じモジュールでの参加です。
下北南部電鉄(架空鉄道)の起点である三本木駅(十和田駅)近くの雁木(アーケード)通りの交差点を抜ける路面軌道です。北国の小さな街の雰囲気はある程度表現できたかなぁ、と自画自賛。
K_DSC01910
K_DSC01907

昨年から車が変わっていますが、このひと手間がぐっと生きた風景になるんですよね。(やじまんさん)
K_DSC01975

このしっとりした感じがたまりません。やっぱり時間をかけてじっくりと取り組まないとこうはなりません。(城東電軌さん)
K_DSC01976

今回、遠路はるばる九州から参加された「むかし下津井軽便鉄道」さん。
ただただ、「すごい!」の連発でした。
既に沢山のHPやブログでもれなく紹介されていますので、あらたな情報はご提供できませんが、やはりご紹介せずにはいられません。
K_DSC01913
K_DSC01922
K_DSC01925
K_DSC01940

自分で「こうしたい!」と思ったことを徹底的に作り込むことを本当に楽しんでいらっしゃる感じがしました。
一応、想いはあっても結果として中途半端な造作にしかなっていない拙作とまさにお隣どおしの状態で、正直恥ずかし感も、、、、。


今回の軽便祭ではもう一つ、新鮮な思いをさせてもらった青年お二人との出会いがありました。
お一人は自作トロッコ(1/1 ?)を楽しんでいる青年。もうお一人はペーパー製蒸機を作成されている青年。
お二人とも自分の子供と同世代ですが、それぞれ自分のやりたい事を素直に心底楽しんでいる様子がしっかり伝わってきました。

いつもは軽便祭が終わるとずいぶんと放心状態になったままでしたが、今回はちょっと違う感じがします。
下津井軽便鉄道で受けた刺激を拙作モジュールのバージョンアップに結び付けよう!。
もっともっと鉄道模型趣味を楽しもう!。


Comment:0  Trackback:0
2013
05.05

半年振り^^;)

Category: 軽便
冬眠に止まらず、春眠(?)までなどと、相変わらずですねぇ。
半年空けて、またまた「緑の村」の話題です。

緑の村の冬季休館明けのメンテナンスのために、先月20~21日とメンバー
5名で現地へ出掛けていました。
が、全国ニュースでも話題になっていたように、季節外れの大雪に見舞われてしまいました。

投宿した中ノ沢温泉・白城屋さんの部屋から見た21日朝の雪景色です。
白城屋雪

こんな状態で身動きが取れずに、メンテ作業の時間はかなり短くなっていました。

と言う訳でもないのですが、少しでもGWの人出対応の手助けになれば、
ということで昨日4日に日帰りで行って来ました。
二度目の桜も期待していたのですが、流石に2週間前に上のような状態でした
ので、ただでさえ遅めの猪苗代の桜は、さらに遅くなっているようでした。
良い天気が続いているので、今日・明日は結構見頃になっているかもしれませんね。

GW中のフル運転で早くも不具合が目立ってきた車輌とモジュールのメンテを
しつつ懐かしがって感動して下さるお客さんと話をさせて頂いて、多少忙しくも
楽しく1日を過ごして来ました。

DSC01734s.jpg
DSC01738s.jpg
DSC01745s.jpg
DSC01747s.jpg
DSC01749s.jpg

今年は沼尻軽便鉄道の100周年に当ります。今のところ特別の行事等は
予定されていないようですが、貴重な写真や実物の資料等も沢山展示されて
いますので、是非お出掛け下さい。
(モジュールは常設にはなっていますが、週末など地元の有志の方が
いらっしゃる時に見学可能となっていますので、ご了解下さい。)

20130504_緑の村帰りs


Comment:0  Trackback:0
2012
11.08

猪苗代緑の村遠征②

Category: 軽便
引き続き、緑の村遠征の写真を貼ります。

bs_DSC01563.jpg
s_DSC01579.jpg
bs_DSC01583.jpg
bs_DSC01598.jpg
bs_DSC01599.jpg

日曜の少し遅めのお昼に、暖かい新そばをいただきました。
「祝言そば」というそうです。セットの小皿は「こづゆ」というそうですが、私の地方の「のっぺ」と良く似ています。どのような時にいただくかも同じようです。
bs_DSC01605.jpg
すっきり晴れた空の磐梯山が綺麗です。
bs_DSC01606.jpg

終りです。

Comment:0  Trackback:0
back-to-top