スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

第9回軽便祭に参加して来ました

遅ればせながら、この週末に参加して来ました「第9回軽便祭」のお話です。

いつの間にかの9回目ということで、1回目からKBMC(軽便モジュール倶楽部)でエントリーさせてもらっているのですが、毎回力が入っている様な割には、直前の追い込みに追われて、結局のところ不完全燃焼ばかりが続いている感じです。

今回のKBMCのテーマとしては、「下電モジュールとK-Trackの融合」ということで、各自が所有するモジュールとK-Trackで自宅でも気軽に楽しめます、という提案です。
毎年会場は変わらず、規模(展示者)は拡大傾向の中で展示スペースは縮小気味であります。

全体の俯瞰はこんな感じです。
KBMC全体

拙作のモジュールは、昨年全くの未完成状態で展示してしまいましたが、強引に完成したことにしてしまって今回も同じモジュールでの参加です。
下北南部電鉄(架空鉄道)の起点である三本木駅(十和田駅)近くの雁木(アーケード)通りの交差点を抜ける路面軌道です。北国の小さな街の雰囲気はある程度表現できたかなぁ、と自画自賛。
K_DSC01910
K_DSC01907

昨年から車が変わっていますが、このひと手間がぐっと生きた風景になるんですよね。(やじまんさん)
K_DSC01975

このしっとりした感じがたまりません。やっぱり時間をかけてじっくりと取り組まないとこうはなりません。(城東電軌さん)
K_DSC01976

今回、遠路はるばる九州から参加された「むかし下津井軽便鉄道」さん。
ただただ、「すごい!」の連発でした。
既に沢山のHPやブログでもれなく紹介されていますので、あらたな情報はご提供できませんが、やはりご紹介せずにはいられません。
K_DSC01913
K_DSC01922
K_DSC01925
K_DSC01940

自分で「こうしたい!」と思ったことを徹底的に作り込むことを本当に楽しんでいらっしゃる感じがしました。
一応、想いはあっても結果として中途半端な造作にしかなっていない拙作とまさにお隣どおしの状態で、正直恥ずかし感も、、、、。


今回の軽便祭ではもう一つ、新鮮な思いをさせてもらった青年お二人との出会いがありました。
お一人は自作トロッコ(1/1 ?)を楽しんでいる青年。もうお一人はペーパー製蒸機を作成されている青年。
お二人とも自分の子供と同世代ですが、それぞれ自分のやりたい事を素直に心底楽しんでいる様子がしっかり伝わってきました。

いつもは軽便祭が終わるとずいぶんと放心状態になったままでしたが、今回はちょっと違う感じがします。
下津井軽便鉄道で受けた刺激を拙作モジュールのバージョンアップに結び付けよう!。
もっともっと鉄道模型趣味を楽しもう!。

スポンサーサイト
23:56 | 軽便 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。