スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

猪苗代緑の村遠征①

先週末、猪苗代緑の村の淡水魚館に常設して頂いている沼尻軽便鉄道モジュールの子守りに行ってきました。
普段はアナログ運転なのですが、今回は先方の希望もあってDCCでの運転をして来ました。
これくらい大きなモジュールでは、やはり複数列車の運転やサウンドがあると少し見栄えがアップしますね。
一応カメラカーも用意しましたが、走行性能が×で結局定点カメラになってしまいました。

今月最終週末で施設が冬季閉館に入りますので、今年の遠征は今回が最後です。
来春またみんなの子守りに行きたいと思います。

・緑の村の紅葉、とっても綺麗でした。
bs_20121103_141046_716.jpg

・モジュールと車輌の写真を少し貼ります。
bs_DSC1523.jpg
bs_DSC01534.jpg
bs_DSC1538.jpg
bs_DSC1540.jpg
bs_DSC01547.jpg
06:06 | 軽便 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

緑の村_沼尻軽便

特段の告知はありませんでしたが、この週末に猪苗代町の緑の村淡水魚館に展示してある沼尻軽便鉄道の模型の運転会を行っています。
普段はアナログでの運転展示ですが、今回は軽便モジュール倶楽部のメンバーによる運転会ということで、DCCによる運転です。サウンドカーあり、カメラカー(走りは不安定ですが)あり、続行運転ありとなっております。

まあ読者のほとんどいないブログでは、告知の意味を成しませんが、一応お知らせします。
かなり寒いですが、紅葉が綺麗です。

写真もアップしようとしたのですが、スマホからの方法が良く分かりません。あしからず、です。
15:11 | 軽便 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

どう楽しみましょうか?

自分の周りは、たくさんの引出しを持っている人たちばかりなので、
自分自身は、知らないうちに結構頭でっかちになってしまったように思います。

自分が一番楽しめそうなことって何だろうか?って、いい歳して惑っていたりしています。
そんな中、一時期TMSの購読をしていなかった頃の虫食い状態の欠本を埋めるべく、先週まで古書を漁っていました。
そこでパラパラと過去の記事を眺めている中で、コンさんのBタンク製作法の記事に目が留まりました。
過去何度かスクラッチビルドに憧れてはみるものの、結局手を動かさすじまいのままでしたが、また「憧れ」の気分が持ち上がってきたようです。

そんな気持ちでいた矢先、なんとコンさんのブログでBタンクの製作記事が始まるようです。
少し前に何の気紛れか、自分には分不相応なオートポンチをコンさんからわけて頂いたこともあり、何だか背中を押されているような気持ちに勝手になってきました。
さあ、どうなることでしょう ^^;)。
00:32 | 鉄道模型(その他) | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

くびき野レールパーク

先週末の20日にくびき野レールパークにちょっとだけ寄ってきました。
DC92に続いて、ホジ3が自走可能になりました。
結構なペースでの復活ですね。次はコッペルもあり!でしょうか。

こうなって来ると、鵜ノ木付近の畑の中に残っている築堤のあたりまで
線路が延びたらいいなぁと思いますが、道路と交差してしまうので
ハードルは高そうですね。
DSC01470s.jpg

やっぱりコッペルはカッコいいです。
DSC01468s.jpg

貨車たちも綺麗になっていました。
DSC01481s.jpg


30分程の滞在でしたのでチョイ撮りですが、一応動画も。
くびき野レールパーク(1)
くびき野レールパーク(2)
くびき野レールパーク(3)
23:07 | 鉄道いちぶんのいち | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

軽便鉄道模型祭

元々ほとんど更新がないのに、更に久し振りの更新になります。

10月8日は「第8回軽便鉄道模型祭」に軽便モジュール倶楽部のメンバーとして参加して来ました。2005年の池袋で開催の第1回から毎年参加させてもらっていますが、もう8回にもなりました。

今回、軽便モジュール倶楽部としては、3つのテーマで出展させてもらいました。

1つは昨年からの継続で「下北南部電鉄」、1つは、新規格の「ケートラ」、そしてもう1つは、「A3パイク競作」です。

「下北南部電鉄」はスペースの問題もあり小規模構成。私はこれのみにエントリーでした。しかも掟破りの未完成状態で!!、、、。

「ケートラ」は倶楽部メンバーの起案を規格としてまとめ、お座敷レイアウト的に気軽にモジュールを楽しむという提案です。
TOMIXの組レール(直線280mm、曲線半径280mm)に合わせた幅10cmの4mm厚ベニア板(カッターでも裁断可能)をベースとしています。

「A3パイク競作」はメンバーでエントリー希望を募っての展示です。
これは、私にとっても大変参考になる作品ばかりです。自分も何とか形にしたい!と思いました。(個々のパイクの紹介は、他の方のブログ等をご参照下さい、、手抜きですみません。)

今回は、自分の準備不足のせいで少し苦しい思いで祭り当日を迎えてしまいましたが、メンバーからのフォローも貰って、また楽しく過ごすことができました。
皆に感謝です。

・準備中の図
blog1.jpg

・「ケートラ」の全体像
blog2.jpg

・拙作モジュール(空き地はあるわ、建具は入っていないわ、の状態ですが、、、)
blog3.jpg

23:42 | 軽便 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。